スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

数字で語る恋物語

シュラと名前を呼んだ後、たっぷり3秒、なんて挨拶をしようか迷っている内に、
大きく広げられた腕の中に、すっぽり包まれてしまった。
「久しぶりなのに、つれないな」
「そんなに久しぶりでは無い」
「そうか?2週間ぶりだぞ」
「その前は32日も逢っていなかった」と、口答えをするとシュラの顔が綻ぶ。
「へえ」
「何だ、その妖しい顔?」
「妖しい顔なんて、しているか?」
「ほんの0.1秒だが」
「ほぉ」
「だから、何でそんな妖しい顔をするんだ」
「しているのか?」
「今度はさっきより長い」
「どれ位?」
「0.2秒」と、どこか自信満々の紫龍に、
シュラは少しだけ残念そうな顔をコンマ.05秒だけ見せて、
「たった、それだけ?」
「えっ?」と、3秒きっかり驚いた子供を抱き締めて、
「もっと、にやけた顔をしていると思ったぞ」
「今は充分、にやけているぞ」
「お前もだぞ」
 そんなことは無いですと、反論する子供の唇を塞いで、
――――もう、数え切れない程、ぎゅっと抱き締める。

――――――――――――――――――――――――――
山羊龍ということしか、とりえのないSSだな。
そして、リハビリから又、始まる。。。(;´Д`)
スポンサーサイト
2007-09-02 : 山羊龍-SS : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。